ガラスフュージング

 

複数枚のガラスを重ねて溶かして一体化させます。

複数枚のガラスを重ねて溶かして一体化させ、アクセサリーやお皿など、美しいガラス作品をつくります。

ガラスの組み合わせにより、表現できるカラーは無限に広がり、 様々な技法を組み合わせることで、バリエーション豊かな作品づくりが楽しめます。

※電気炉を使用し焼成します。

 

ガラスフュージングとは?

ガラスフュージングは電気炉で板ガラスを溶かして器やアクセサリーなどを作る技法です。

1960年代から盛んになってきた、ガラス造形の歴史の中でもまだ新しいジャンルです。
今後、新しいテクニックや新しい材料、道具などがどんどん開発されるであろう、将来性のあるクラフトです。

電気炉があれば誰でも楽しく「ガラスを溶かすこと=フュージング」ができます。
ガラスは溶かす温度によって表情を変えていきます。その変化を楽しめるのもガラスフュージングの魅力のひとつです。